3分でわかるMAとは

マーケティングオートメーション

MA(マーケティングオートメーションシステム)とは、WEBによる「問い合わせ率」を劇的にあげるツールである。
実は、上場企業のほとんどの会社が採用しております。

WEBから来た問い合わせに対して、契約するまでの流れは以下の通りになります。
集客(WEB広告、自然検索)→育成(MAツール)→問い合わせ(メール、電話等)→契約

広告からの流入に関しては、育成期間を飛ばして「問い合わせ」という事も多いかと思いますが、高価な買い物であるほど様々なサイトを見て研究したり、見積もりを取ったり、資料を請求したりしませんか?
お客様は金額が高くなるほど、即決がしづらく業界研究や商品の勉強をされます。
その研究または勉強している期間に、忘れることなく常に自社の事を頭に置いていただきながら勉強して頂くのです。

そうするといざ購入する時期になったときに、見積もりの問い合わせや相談のメールなどが来る可能性が飛躍的に上がります。
「色々な事を教えてくれた会社」という好印象を持った状態で商品提案が出来るのです。

お客様を育成する事で、自社の事を忘れることなく、好印象を持った状態で提案が出来る。つまり、「問い合わせの率」と「契約率」が劇的に上がる。それがMAの効果です。

これでMAツールの大体の目的と出せる結果はご理解いただけましたでしょうか。
次は、具体的に少し説明致します。

具体的なMA活用方法

マーケティングオートメーション

MA(マーケティングオートメーションシステム)がより一層活躍できる、ジャンルと活用方法をお伝えしていきます。

①ジャンル
BtoCのビジネスであれば買う方が高価だと考える商品に有効です。
→高価な買い物だと即決せずに自らを育成する期間をお客様自らがもうけるので、その期間に情報を提供できます。

BtoBのビジネスにおいては、適用ジャンルが多いと思われます。しいて言うなら稟議書を書く必要がある物、社長や役職者じゃないと買えない商品。高額商品は当たり前ですが、そのサービスを受ける事で、会社内部の運用方法が変わってしまうような商品も該当します。

つまりどちらのビジネスにおいても共通して言えることは、考える時間が必要なサービスや商品であれば該当するという事です。
そう考えると御社でも当てはまりませんか?「ちょっと考えます」や「他と検討します」と言われて「承知しました、ご検討宜しくお願いします」と言ったことがあるサービスや商品です。かなり該当しますよね。

②活用方法
では実際に先ほど説明したMAの活用方法(見込み客の育成)を説明します。
まずは、何かしらの手段(主にWEBの広告や自然検索)で流入してきた、顧客から情報を頂戴します(最低限、名前とメールアドレス)。具体的には見込み客が自分の情報を与えても良いと思える物(見込み客に有益な情報)と引き換えに、個人の情報をもらいます。
その情報をMAの中に登録し、その見込み客に対してメールマガジンやポップアップ表示などで情報を提供し続けます。
見込み客の熱が高まってくると、メールマガジン等から自社のサイトを閲覧しにくるようになります。
そうなると全てが見える様になってしまうのです。
全てとは、自社のサイトのどのページをどのくらいの時間見たか?や大前提としてメールを開封してくれたか?などもわかるようになるのです。
つまり今まで見えなかった、見込み客の動向が見えてしまうです。

自社のサイト(例えば料金ページ)を見た見込み客が発生したとします、そうすると自社の営業部に通知が行きます。
そこで営業がテレアポをしたり、マーケティンング部門がその見込み客に対して料金の詳細がわかるメールを送ったりタイミングよく営業を仕掛ける事が出来る様になります。
サイトを閲覧した、見込み客は「ちょうど気になってたんだよなぁーなんかタイミングが良いなぁー」ぐらいにしか思いませんが、営業としてはそのタイミングをはかるのが大変に難しいところですよね。
それが成約するにあたって非常に重要で有る事は、皆さんわかってらっしゃるとは思います。

これは一つの事例ですが、育成もさることながら絶好のタイミングを計る事が出来るのも、MAツールの特徴です。

当社が支援するMAサービス

マーケティングオートメーション

①MAメーカーの紹介
②MAツール導入説明
③MAツール活用方法のコンサル
④MAツール運用における相談業務